在宅ワーカーになるべきか…

退院から1ヶ月3週間が経ちました。統合失調感情障害と診断され入院する前にこしらえた借金が未だに電話になってかかってきます。そろそろ電話恐怖症になりそうです。
しかし、未だに仕事はドクターストップが掛かっており、バイトというバイトが出来ません。
なので、今は在宅ワーカーとしてクラウドワークスさんのお世話になっています。
単価は1円から約700円まで、ちまちまと続けてようやく先日5000円に達しました。
しかし、借金に対してはスズメの涙であるのは悲しいところです。
最近は本格的な在宅ワーカーになるべきかを考えています。この前のは1日20件で500件ごと5万円という募集があり、すごく気になっています。
普通に働くのは体力が足りないので、本当に在宅ワーカーとして頑張ってみようかという気になっています。
とは言え普通に働くことが出来るなら、やはりそちらを意識したいところでもあります。
ともかく借金を返して、自由な生活をはやく送りたいです。
フリーズドライのみそ汁ならココ!

息子のお弁当に奮闘する日々

この春から高校生になった息子のお弁当作りに奮闘中です。それまでは主人のお弁当のみで、主人はお昼に沢山食べてしまうと、午後睡魔が襲うとのことで、白米とおかず三品を一つのお弁当箱に入れ、水筒とセットで持たせていました。おかずも前夜の残り物や、朝簡単に作れるものばかりで、お弁当だからと言ってさほど気合いが入るほどではありませんでした。しかし、息子のお弁当となると訳が違います。立派な一食分として食べてもらう訳で、私のイメージでは給食がお弁当に変わっただけで、バランスよい内容にしなければならないと、おかずの種類に気を配りました。息子は好き嫌いが多く、冷凍食品は食べられない、魚は絶対に食べず、肉の脂身はアウト、溶けたチーズはダメ、野菜は茹でた温野菜、とまあこんな子に育てたつもりはなかったのですが、小さい頃よりかなりの好き嫌いがはっきりしてきて、お弁当のおかずのバリエーションが狭まりました。そこで友達からの薦めで、スマホで見れる料理本=アプリを活用し、買い物する時点で次の日のお弁当のメニューを決めます。とても便利なアプリで、特売品を入力するとその品を使ったメニューが多数提案されるので、今まで作ったことのないメニューにチャレンジしてます。お弁当が楽しみだと言わせたく、このアプリを片手に日々格闘中です。
リノベーションの事例はここにあります。

イベントに行きたい。

イベント――つまりリリカルマジカル22や、来年にある水樹奈々さんのコンサートに参加したいです。
イベントに参加するにはお金と体調が芳しくないのですが、なんとか治して行きたいです。特に、水樹奈々さんのライブコンサートで、元気をもらいたいところです。
水樹奈々さんは全国ツアーなので、東京の第一国技館にも来るということで、このチャンスを逃したくないですね。なんでもファンクラブだとさらに先行予約受付が出来るとか。
お財布がもはやマイナスなのですが、来年初めということで何とかチケットを取っておきたいところです。
始めて水樹奈々さんのライブコンサートに行ったのは去年の夏。うつ病真っ只中だったのが、ライブコンサートに行って一気にテンションが上がって調子が良くなったという経験もありました。
今回も水樹奈々さんのライブコンサートに行くことで、また元気をもらって頑張っていきたいと思っています。
リリカルマジカル22は無理でも、なんとか……!
債権回収の相談ならまずはここに!