朝からほっこり、とと姉ちゃん

私は、朝ドラの大ファンです。その土地によって方言が飛び交うけれど、どれも丁寧な言葉に聞こえて、すがすがしいです。現在、放送している”とと姉ちゃん”は、親子で話す言葉は、敬語を使い、下町の言葉、浜松の訛りを取り入れて、訛りがあっても、言葉は丁寧で。言葉がきれいで、ゆっくり話していると、すてきだなって思います。坂口健太郎君が演じている星野さんの言葉の使い方や人を思いやる言葉もすてきです。今日の放送で、常子さんが星野さんに、どことなく”とと”に似ているとおっしゃっていました。メガネの感じとか話し方とか。私も話し方って、とても大事だと思います。訛っていても、その土地の言葉を丁寧に使っていてくれればいいのです。でも、がさつな言葉の受け応えは、やはり気分を害するものです。星野さんと常子のように、常子のご両親のように、丁寧な言葉を使って話していると、安心します。そして、朝からほっこりします。今、ドラマでは、戦争が始まり、どんどん辛い時代になっていますが、常子と星野さんのやりとりは、ほっとさせてくれる一場面です。坂口健太郎君て3枚目も2枚目もできる上手な役者さんだったのですね。ファンになりました。
新松戸のラブホテルには何がある?